2017年6月18日日曜日

岩湧山 コアジサイ


クロツグミの声に導かれて山道を歩いていたら、コアジサイの群生地に出会いました。

曇り空だったので、クロツグミのさえずりを聞きながら光を待ちました。


雲の間からやわらかい光が・・・



小さい花がたくさん付いています。


クロツグミはずーっと木のてっぺんで鳴いていて、撮影はできませんでした。



レース状に虫食いされた葉が、切り絵作家の作品のようです。


製作者は、小さな黒い幼虫でした。


生まれたてのオオミズアオが、羽を乾かしていました。


2017年6月12日月曜日

河内長野のホタル

木曜日から4日連続でホタルの撮影に行ってきました。
場所は自宅から10分ほど。
去年はゲンジボタルの乱舞が見れたのですが、今年は土砂の流出事件があって影響があるのか心配していました。
8日の木曜日、ゲンジボタルは昨年とは比較にならないくらい少なく「やっぱり影響があったのか?」と思わせる状態でした。

追記 13日にゲンジボタルを見に行くと、昨年と同じくらいたくさん飛んでいました。


昨年のゲンジボタル乱舞の様子を、動画にまとめました。



1枚の葉に4匹集まった、昨年の写真

今年は満月に近くかなり明るかったので、月明かりで撮れるかと思ったのですが、昨年のようなチャンスはありませんでした。

ゲンジボタルは無理そうなので、去年より多く飛んでいたヒメボタルにターゲットを変更です。
ヒメボタルは、陸生の貝類を食べるので竹やぶや森の中で暮らしていて発光の仕方もゲンジボタルと違って短くフラッシュのように光ります。


ヒメボタルが発光しながら飛んだ跡が点々と写りました。
この日は少しだけ撮って、翌日撮り直しです。

ヒメボタルの撮影は、まだ明るいうちに三脚をセットして背景を撮影し、その場所で1時間ほど撮影します。

そのため、撮影できるのは1日1カットが普通です。

1枚30秒撮影した写真を、それぞれ50枚ほど合成しています。

竹やぶの中での撮影なので、これが限度でした。




ヒメボタル乱舞?の動画です。

実際は、背景は暗闇ですが、発光の様子は実際のものに近い感じです。






2017年6月6日火曜日

岩湧山 アオスジアゲハ ソウシチョウ

日曜日、遅めのスタートで岩湧山を回ってきました。

山頂付近のクスノキ科の植物で、アオスジアゲハが産卵していました。

産卵後の飛び立つところを連写したら、背景の新緑がきれいに入って予想以上にうまく写りました。



 山頂付近のササに蕾?がたくさんついていました。
去年、金剛山でササの花を撮影したのですが、今年は岩湧山でもたくさん咲きそうです。
ササの花は、数十年に一度しか咲かないとも言われているようですが・・・
金剛山では、今年も咲いているようです。


ヤブの中で、ソウシチョウを発見。
餌をくわえていたので、近くにヒナがいるのでしょう。
家に帰って写真を拡大してみると、見覚えのあるお腹をしています。


少し前に撮影したアオジョウカイでした。
ジョウカイボンの仲間は毒があるのでは?と思ったのですが、毒があるのはカミキリモドキの仲間で、ジョウカイボンには毒はないようです。





2017年6月1日木曜日

難波 髙島屋

今日から6日(火)まで 難波髙島屋7階エスカレーター横、イベントスペースにて展示販売中です。

金・土・日は20時30分まで営業、最終日は5時までです。

携帯忘れて、写真撮れませんでした。